精度の高い治療を提供するための歯科用CT

お口の中の治療を行う際には、神経や血管、歯周組織、顎の骨などの細部の状況を的確に判断する必要があります。患部の症状を把握するために、一般の歯科医院ではレントゲンを使用しますが、京都府舞鶴市の歯医者「ふるもり歯科クリニック」では3D画像で口腔内の撮影ができる歯科用CTを採用しています。

歯科用CTは、大学病院や総合病院などに設置されていた設備ですが、最近では徐々に歯科医院でも導入されるようになってきました。当院では、患者様のお口の症状を的確に把握し、安全で正確な情報による精度の高い治療を行うために歯科用CTを導入し、さまざまな治療に活用しています。

PICK UP!! 患部の症状を正確に把握できる歯科用CTとは

PICK UP!! 患部の症状を正確に把握できる歯科用CTとは

歯科用CTの特徴は、コンピュータを駆使することで3Dの立体画像によって詳細な情報を得られることです。従来のレントゲンによる2Dの平面画像の情報に比べ、多角的な観察が可能となり、より正確な診断・治療を行えます。インプラント治療始めとする矯正治療、歯周病治療などさまざまな歯科治療に活用されていますが、総合病院などを除き、導入している歯科医院はまだ少ないのが現状です。

歯科用CT導入の4つのメリット

メリット1:正確な診断による安全性の向上

立体画像により、骨の量や厚み、高さといった状態、神経や血管の位置など多くの情報を得られます。事前に患部の症状を正確に把握できるので、治療の安全性が高まります。

メリット2:患者様の身体的負担の軽減

従来はインプラント治療の際には、歯茎を切開して剥がして顎の骨を露出させることで患部を直接確認する必要がありました。歯科用CTを利用することによって事前に情報を得られるため、患者様の負担が少ない治療が可能となりました。また、医療用のCTに比べて被ばく線量が少ないことなど体への負担を最小限に抑えることができます。

メリット3:患者様の時間・費用負担の軽減

歯科用CTが歯科医院に導入されていると他の医療機関まで出向いて撮影する必要がなくなるため、通院のための時間や費用の負担も軽減されます。また、撮影後にすぐ画像を確認できるので、治療に入るまでの時間短縮も可能です。歯科用CTによる撮影は自費診療で行っている歯科医院が多く、高額になりがちですが、当院では2枚目以降の撮影を無料にすることで費用負担を抑えています。

メリット4:わかりやすい説明で安心・納得の治療

3D画像をご覧いただくことで、歯科医師が患部の状況を正確に把握できることはもちろんのこと、患者様への説明もより詳細に行うことができます。画像と照らし合わせることで、どこをどう治療するのかなどの説明の質の向上。内容に納得していただいたうえで、治療に臨んでいただいています。

当院で導入している歯科用CTについて

当院で導入している歯科用CTについて

当院では、少ない放射線量で高品質な画像が得られる歯科用CT「ベラビューエポック3D」を導入しています。撮影は10秒程度で完了します。最先端のデジタルテクノロジーを駆使した多彩な画像処理により多角的な観察ができ、的確な診断を可能にしています。

治療別歯科用CTの必要性

ケース1:インプラント治療において ケース2:歯周病治療において
インプラント治療は顎の骨に穴をあけるため、術前に詳細な情報を得ることで安全性と効率性の両面を向上します。3D画像によってインプラントの埋入位置をシミュレーションすることが可能となります。また、術後の状態の確認にも役立ちます。 歯周病による骨の破壊状況が正確に把握できることで、歯を残すための歯周組織の治療計画を立てやすくなります。予知性の高い治療を行ったり、長期にわたる治療を計画的に進めたりするのにも役立ちます。
ケース3:根管治療において ケース4:親知らずの抜歯について

歯の神経や血管が入り組んでいる根管治療には、精密な技術が求められます。事前に複雑な根管内の状態を正確に把握することによって、精度の高い治療を実現できます。また、治癒状況も正確に把握できるため、メインテナンスの際も欠かせません。

歯の位置や向きのほか、周囲の炎症の状況、神経や血管、顎の位置、病巣の有無や大きさなどを的確に把握できます。外科手術の際の余分な切開などを減らし、予後に関してもよい処置を行えます。
安全・正確な診断でインプラント治療や歯周病治療に活躍「歯科用CTの必要性」へ
WEB診療予約はこちらから24時間受付中