インプラントとその他の治療

失った歯を取り戻す治療を補綴(ほてつ)といい、その選択肢には、顎の骨に人工歯根を埋め込んで人工歯を取り付ける「インプラント」、人工歯をバネ(留め金)と床(しょう)で支えて固定する「入れ歯」、両脇の歯を支えにして人工歯を固定する「ブリッジ」の3つの方法があります。

こちらのページでは、京都府舞鶴市の歯医者「ふるもり歯科クリニック」がそれぞれの補綴治療のメリット・デメリットを比較して紹介します。治療をご検討の際の参考にしてください。

インプラント・部分入れ歯・ブリッジの比較

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
メリット
  • 1本から全歯までの欠損に対応できる
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 本物の歯のようにしっかり噛める
  • 天然の歯と同様の見た目を再現できる
  • 歯を失った部分の顎の骨がやせにくい
  • 1本から全歯までの欠損に対応できる
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 素材によって保険が適用でき比較的安価
  • 治療期間が短い
  • 素材によって自然な見た目を再現できる
  • 装着時の違和感が少ない
  • 素材によって保険が適用でき比較的安価
  • 治療期間が短い
デメリット
  • 全身疾患がある場合や顎の骨が足りない場合は治療できないことがある
  • 手術が必要
  • 長期間維持のため十分なメインテナンスが必要
  • 保険適用でないため高額
  • 治療期間が長い
  • 見た目が不自然なことがある
  • 装着時に違和感があることがある
  • ずれたり外れたりすることがある
  • 取り外して手入れをする必要がある
  • 硬い物が噛みにくいことがある
  • 食べ物の味がわかりにくいことがある
  • 食べかすが詰まりやすく、虫歯や歯周病になりやすい
  • バネによる支えの歯への負担が大きい
  • 顎の骨がやせやすい
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 食べかすが詰まりやすく、虫歯や歯周病になりやすい
  • 支えとなる歯に負担がかかる
  • 顎の骨がやせやすい

周囲の歯や歯茎への影響

どの補綴治療を選ぶかによって、人工歯や天然歯にかかる圧のかかり方や力の強さが異なります。治療後の生活の中で、本来以上の力がかかったり、一定の場所に継続的に力がかかったりすることが、抜け落ちや咬み合わせのずれ、虫歯、歯周病などにつながります。

入れ歯

入れ歯

部分入れ歯の場合は、健康な歯に金属製のバネを引っかけることで固定・装着するため、健康な歯やその歯を支える顎の骨にもバネを介して力が伝わります。その結果、顎の骨がやせて、多くの場合、バネをかけられた健康な歯も5年以内に抜けてしまうことも。また、バネが原因となってできる虫歯の発生率は、4年後で93%にもなるというデータがあります。

ブリッジ

ブリッジ

健康な歯を支えに、橋渡しをするようにして人工歯をかぶせるため、この名がつけられました。入れ歯同様、支える歯には大きな負担がかかり、時間の経過とともに、グラつきや抜け落ちなどのダメージが大きくなっていきます。人工歯を被せるにあたり、健康な歯まで削る必要があり、それもダメージを与える原因となります。

インプラント

インプラント

歯を失った部分のみの治療となるため、健康な歯を削ったり、支えにしたりする必要がなく、周囲の歯に影響を与えません。快適性や審美性の向上のみならず、残っている健康な歯を守り、自分の歯をより多く残すことにつながるなど機能性にも優れています。

それぞれの治療法のメリット・デメリットを知る「インプラントはメインテナンスが命」へ
WEB診療予約はこちらから24時間受付中