インプラントはメインテナンスが命

失った歯を補う治療として注目を集めているインプラント治療ですが、放っておいても健康を長く維持できるというわけではありません。インプラントと生涯にわたり付き合っていくためには、メインテナンスが必要になります。メインテナンス方法としては、ご自宅でのセルフケアと歯科医院でのプロケアが挙げられます。トラブルを未然に回避するためにも、予防を徹底することが重要です。

京都府舞鶴市の歯医者「ふるもり歯科クリニック」では、ブラッシング指導や定期健診を通して継続的にメインテナンスを行い、治療後のサポートをしています。

PICK UP!! インプラント治療後はメインテナンスが不可欠

インプラントの寿命は、メインテナンス方法にかかっていると言っても過言ではありません。長期にわたってインプラントと付き合っていくには、日頃の適切なブラッシングと定期健診での歯科医師によるケアが不可欠です。

インプラント周囲炎について

インプラント周囲炎について

「インプラントは人工歯だから虫歯にはならないし、治療後は病気の心配はない」そう思っていたら大間違いです。インプラントを支える歯茎はご自身の身体の一部です。ケアを怠ると、プラークの中に潜む歯周病菌によって歯周病と同様の症状、『インプラント周囲炎』を起こし、場合によってはインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

当院で行っているメインテナンス

ブラッシング指導

ブラッシング指導

毎食後、きちんと磨くことはもちろん、正しく磨くことが大切です。当院では、日頃からご自身で口の中の衛生を保てるよう、ブラシの選び方やブラッシングの仕方などを指導しています。デンタルフロスや歯間ブラシを併用すると、磨き残しを防げるのでおすすめです。

定期健診

年に数回、口腔内のチェックや予防措置を受けていただくようおすすめしています。当院では、定期健診を受診していただいている方を対象に5年間の保証をご用意しているので、万が一、治療が必要になった場合も安心です。

定期健診で行うこと
  • インプラント部位のチェック
  • 各部のネジの締まり具合のチェック
  • 咬み合わせの調整
  • ブラッシング方法の確認(必要に応じて指導)
  • 歯周病の検査
  • 歯石除去(PMTC)

POINT!!  PMTCとは?

PMTCは「professional mechanical tooth cleaning」の略語であり、普段の歯磨きでは除去しきれないプラークなどの汚れを歯科医師や歯科衛生士などのプロが一掃する歯のクリーニングです。歯周病の予防になるほか、口臭を防ぐ、虫歯になりにくくする、色素汚れも落ちて白くきれいな歯を保つなど、さまざまな効果が期待できます。

WEB診療予約はこちらから24時間受付中