歯科技工物における美しさと機能性へのこだわり

虫歯治療において歯を削ったり、抜いたりした際に詰め物や被せ物として金銀パラジウム合金、いわゆる“銀歯”がもっともポピュラーに使用されています。ただ、見た目が目立ったり、金属アレルギーの心配があったりすることから、銀歯を使用しない治療を希望する方も増えてきています。銀歯に変わる素材として注目を浴びているのがセラミック素材です。

京都府舞鶴市の歯医者「ふるもり歯科クリニック」では、見た目の美しさにとどまらず、機能性にも優れたセラミック素材の歯科技工物をご提案しています。患者様が将来にわたって、健康的で美しい口元を維持できるよう、ていねいなヒアリングに基づいて詰め物や被せ物などの歯科技工物を作成しています。

機能美へのこだわり

こだわり1:仕上がりを左右する印象(型取り)

当院では、詰め物や被せ物の製作は技工所に依頼しますが、そのための印象(型取り)は院内で行います。印象のための素材(印象材)は、用途や目的に応じて選び、それぞれの素材の特徴を加味しながら型取りしていきます。印象が技工物の仕上がりを大きく左右するため、慎重に作業を行っています。

こだわり2:全国トップクラスの技工士と連携

医師が作った印象をもとに、人工歯作りの職人である歯科技工士が詰め物や被せ物を製作します。当院では全国トップクラスの技工士との密な連携により、一人ひとりの患者様に合った精度の高い技工物に仕上げていきます。そのため当院では、部位や症例に応じて、複数の技工所と連携して対応しています。

こだわり3:納得がいくまで何度でも調整

少しでも噛み合わせに違和感があれば、その旨をお伝えください。噛み合わせのズレを放置することで頭痛や肩こりなど、健康に悪影響をもたらすケースもあります。当院では、仕上がりに一切妥協しません。患者様の納得がいくまで何度でも調整を行います。

こだわり4:美しい口元をめざし自然な色合いを実現

被せ物を製作する際は事前のヒアリングで要望を伺いながら、患者様の歯に調和した自然な色合いを再現。ご自身の見た目に自信の持てるような美しい口元をつくりあげます。

【「VITA イージーシェードアドバンス」で自然の歯に近い色調を実現】

【「アルクスディグマⅡ」による精密な顎機能の検査】

シェードテーキング(歯の色合わせ)は、その場の照明や個人の感覚など周りの環境に影響を受け、実際に制作されたセラミックの歯や入れ歯などの色調が天然歯と差異が生じてしまうことがあります。

シェードテーキングを行う際には、シェードガイドと言われるセラミック製の色見本を患者様の歯と見比べながら最も近いものを選択するのが一般的ですが、この「VITA イージーシェードアドバンス」では歯の色調を数値化できるので、正確な色味を実現できます。

【「アルクスディグマⅡ」による精密な顎機能の検査】

【「アルクスディグマⅡ」による精密な顎機能の検査】

当院では、顎の機能を正確に把握するために「アルクスディグマⅡ」を採用しています。アルクスディグマⅡは、3D超音波ナビゲーションシステムを駆使し、コンピューターによって顎の運動経路を正確に解析。機能計測プログラムを用いることで、顎機能障害を見逃さずに把握できます。また、レコードボタンを押すことで顎を開け閉めの時の動きを12秒間記録できるので、動きを何度も確認できるため精密な検査が行えます。
アルクスディグマⅡを使用することで、噛み合わせ改善に必要な補綴物(被せ物、詰め物)をより精巧につくることが可能になりました。

美しい口元作りを支えるさまざまな素材「審美歯科でお悩みを解消」へ
WEB診療予約はこちらから24時間受付中