院内感染防止のための取り組み

お口のトラブルを解消するためには、歯科医師に確かな知識と技術があることは不可欠ですが、適切な治療を行える環境を整備することも歯科医院の重要な役割といえます。京都府舞鶴市の歯医者「ふるもり歯科クリニック」では、患者様が安心して診療を受けていただくために、オゾン水やオゾンガスによる殺菌・除菌システムを導入。衛生管理を徹底し、院内感染の防止に力を入れています。

水の衛生基準と実情

水の衛生基準と実情

歯科ユニットと呼ばれる治療用設備・機器を備えたチェアには、口腔内の洗浄などに使用する給水システムがあります。歯科医院で使用する水は、「きれいで安全である」と思いたいところですが、給水管の汚染が過去に問題になりました。そのため、平成19年に厚生労働省により、水質管理目標設定項目に従属栄養細菌が追加され、「1mlの検水で形成される集落数が2,000CFU以下」という目標が定められました(米国歯科医師会の基準は、200CFU/ml以下※)。

しかし、いまだ多くのユニットから数千万~数十万の細菌が検出されているのが現状です。当院では、治療に不可欠な水の衛生についても力を入れて取り組んでいます。

※CFUは「Colony Forming Unit(コロニー形成単位)」の略語であり、細菌の数を表します。たとえば、100 CFU/200ml であれば、200ml中に細菌が100コロニーいることを意味します。

こだわりの設備で院内感染を予防

当院では院内感染を防止するため、「オゾン発生装置」を導入しています。オゾンには、塩素の約7倍の除菌力があると言われており、菌の繁殖をブロック。清潔な院内環境を整えることで、患者様に安心してご来院いただくことはもちろん、院内感染の防止に努めています。

オゾン水発生装置が生成する「オゾン水」

オゾン水発生装置が生成する「オゾン水」

治療の際に使う水は、歯科ユニットの排水管を通ります。万が一配水管が汚れていたとしたら、その水には多量の細菌が含まれていることもあります。当院では強力な殺菌効果のあるオゾン水生成器を水の元栓に装着。患者様が洗口で使う水、歯を削ったり歯石を除去したりする機械から出る水、スタッフが手を洗う水など、治療に関する全ての水には、オゾン水を使用しています。

オゾン発生装置による「オゾンガス」

オゾン発生装置による「オゾンガス」

院内感染で気をつけるべき点は水だけではありません。空気を通じて感染が起こるケースもあります。そこで当院では、オゾン発生装置を設置し、空気中に漂うウイルスや細菌、カビ、花粉などを除去することで感染予防を行っています。部屋の隅々までオゾンをいきわたらせることで浮遊菌、付着菌などを短時間で除菌。同時に脱臭も行うので、院内はつねに衛生的に安全な環境が保たれています。

PICK UP!! 除菌と同様に水の温度や室温にもこだわっています

当院ではオゾンを利用した水や空気の除菌を行っていますが、そのほかに「温度」にもこだわりをもっています。患者様が口をすすぐ水や治療中に使用する水の温度は、人肌程度の適温を維持するよう調整。また、暑すぎず寒すぎない過ごしやすい室温を心がけるなど、衛生面のみならず、快適さにも気を配っています

WEB診療予約はこちらから24時間受付中