院内感染防止のための滅菌設備を整えています

歯科医院では患者様に何の不安もなく治療を受けていただくためにも、清潔さや安全性が求められます。万が一でもお口の健康を守るための歯医者で病気に感染するという事態があったならば、それは本末転倒です。

京都府舞鶴市の歯医者「ふるもり歯科クリニック」では、院内感染を防止するためにも万全の滅菌設備を整えています。すべてはご来院いただく患者様の安全と安心のためです。こちらのページでは、当院の滅菌設備をご紹介します。

当院では「インフェクションコントロール(感染・管理)」を実施しています

皆さんは「インフェクションコントロール」という言葉をご存知でしょうか?インフェクションコントロールとは、感染症の有無にかかわらず全ての患者様、ドクター、スタッフ間での感染を予防するために消毒・滅菌を徹底することです。すべての人の血液、汗以外の体液(唾液、鼻汁、痰(たん)、尿、便、腹水、胸水、涙、母乳など)は感染の可能性があると考えるため、非常に高い危機意識を持つことにつながります。

インフェクションコントロールへの取り組み1:ディスポーザルの徹底

院内感染は唾液や血液を介して生じるので、衛生管理のためにもスタッフや患者様が使用したものは使いまわさないことが鉄則です。当院では可能なものはすべて使い捨て(ディスポーザル)の製品を使用しています。患者様が使用する紙コップは当然のこと、スタッフが使用するグローブも診療のたびに取り替えています。

インフェクションコントロールへの取り組み2:超音波洗浄機で滅菌

インフェクションコントロールへの取り組み2:超音波洗浄機で滅菌

使用する器具が汚れている場合、院内感染の可能性が高まります。ただ、目に見える汚れの場合は丁寧に洗浄することで落とすことができますが、目に見えない汚れは気付かないことが多く、非常に厄介といえます。汚れが完全に落とせていないと滅菌・消毒が完全に行えず、二次感染の恐れも出てきます。超音波洗浄機はそうした見えない汚れの不安を払しょく。目に見えない汚れもくまなく滅菌してくれる優れた機器です。

インフェクションコントロールへの取り組み3:タービンは患者様ごとに交換

インフェクションコントロールへの取り組み3:タービンは患者様ごとに交換

患者様のお口に入るタービンは、患者様ごとに交換、そして滅菌処理が必須です。当院ではタービンの洗浄から滅菌まで、短時間かつ自動で行っています。治療によって付着したタービンの汚れや血液を、確実に落として滅菌処理を行います。内部まできちんと滅菌が行えるので安心です。

インフェクションコントロールへの取り組み4:スリッパの滅菌

インフェクションコントロールへの取り組み4:スリッパの滅菌

当院では、患者様に衛生面の心配なく診療を受けていただくためにも、スリッパの滅菌も徹底しています。中にはスリッパを使いまわす歯科医院もありますが、当院ではきちんと一人ひとりの使用後に滅菌を行っています。歯科医院に入って最初の行動がスリッパを履くという行為になるため、常に清潔なスリッパをご提供するということは、非常に重要なことです。

オゾン水による徹底した感染予防「院内感染防止のための取り組み」へ
WEB診療予約はこちらから24時間受付中